RPA(Robotic Process Automation)

RPA

RPAとは?

image2

お問合せはこちら

RPA(Robotic Process Automation)とは、定型化されたオフィス業務の効率化や自動化をロボットによって可能にする技術です。今まで時間をかけていた作業を、ロボットが覚えて自動で実行してくれる事により、生産性を向上させることができます。

これまでの自動化との違い

直感的な操作でプロセスを構築できる点です。実際にその業務を担当する人間が、ITの知識が少なくてもプロセスを構築することができます。また、アプリケーションをまたいだ操作ができるようになるため、プロセス自動化の幅が広がります。

RPAに向いている業務とは

  • 一定のルールに従って繰り返す
  • データが構造化されている
  • Windowsやクラウドのアプリを使う
  • 業務が標準化されている
  • プロセスに3人以上のリソースを求められる
  • ヒューマンエラーが起こりやすい

なぜ今RPAが必要なのか

日本の生産労働人口が減少局面にあるなか、労働力を維持しつつ国際競争力を強化するためには労働力の有効活用や生産性を向上させるための方策が必要です。近年の働き方改革の動きの中でも、人手不足を補いながら生産効率を上げるためのさまざまな施策が講じられてきています。たとえばテレワークの推進をはじめとするワークスタイルの柔軟化による人材の確保や、ICTの高度活用による業務効率改善といったものがあげられます。
総務省HP「RPA(働き方改革:業務自動化による生産性向上)」より

この施策の中で一翼を担うのがRPAです。
今まで人間が行っていた、反復的かつ付加価値の低い業務をRPAが人間より速く正確に遂行することにより、人間はより創造的な業務につくことができるようになります。その分生産性は向上し、かかる経費も大幅に削減することが可能です。
また、これまでのシステムの自動化に比べ、自動化可能な業務のハードルが大きく低下するため、生産性を向上させやすい環境が生まれます。

test1


UiPath

image1

数あるRPAソフトウェアの中でも、弊社はUiPathを取り扱っています。
UiPathについてはこちら→UiPath(ユーアイパス) 日本

UiPathの導入

弊社は2018年11月1日、UiPath ゴールドパートナー パーソルプロセス&テクノロジー社との契約により、リセラーとなりました。

UiPath導入の利点

数あるRPAソフトウェアの中でも、UiPathを選んだのには以下の理由があります。

  1. ユーザーフレンドリーな設計人の作業を代行するためのRPAなのですから、ソフトウェアは実際に使用するユーザーが使いやすいものでなくてはなりません。UiPath製品はGUIを用い、容易にワークフローを開発・メンテを行うことが可能です。
    また、増えたロボットは「UiPath Ochestrator」により一元的に管理、統制することができます。
  2. 柔軟な拡張性IBM Watson、Google Cloud Machine Learning等の代表的なAIやOCR等とweb APIを用い容易に連携可能です。
    アクティビティのカスタマイズ開発が可能であることも魅力の一つとなります。
  3. 充実した日本語サポートUiPathは、日本語によるサポート体制が強化されているRPAソフトウェアです。2018年夏頃に製品の日本語対応が行われました。
    また、日本語による無償・有償のトレーニングが提供されており、カスタマーサポートも実施されています。

UiPathの主な導入先

  • 官公庁
  • 自治体
  • 医療機関
  • 金融機関
  • 教育機関
  • 一般企業
  • その他

お問合せはこちら