KYCOM GROUP

経営方針

   

KYCOM®グループの経営の基本方針は次の三つであり、これらに基づいて経営戦略を立案、実行しております。

 
  1. 収益拡大と経費節減
  2. 企業リスクの管理
  3. 新規分野への挑戦
 

即ち、経営にあたっては、株主各位、お客様、お取引先、地域社会ならびに従業員が誇りを持ち夢を実現できる場とするため、収益拡大に努めコスト管理を徹底し、遵法精神を貫いて業務に精励し、常に業務に潜むリスクを回避すべく万全を期し、更に株主各位始めステークホルダーへの貢献を増大すべく新規分野に挑戦努力することを経営理念としております。

   

また、お客様のさまざまなニーズに応えるため、KYCOM®グループ子会社は、

 
  1. 技術者の技術力の向上、特に若年技術者の資格取得の推進を図るとともに、業務知識を習得する機会を増やし、引き続きお客様に付加価値の高い、信頼されるサービスを提供するよう努めます。
  2. 営業力及び技術力強化のために社内外から適切な要員を登用し、業績の向上を目指します。
  3. シンガポールへの進出を足掛かりに、アジア諸国の有力企業とのジョイントビジネス/パートナーシップを確立し、高付加価値のサービスと製品の提供に挑戦します。
  4. 優秀な人材確保のため、通年中途採用を実施します。
 

以上の施策を実行し、さらに企業価値を高めていく所存であります。

   

株主の皆様には、引続き一層のご支援、ご鞭撻をお願い申し上げます。

 

平成27年4月

代表取締役社長COO兼CFO

福田 正樹